特定非営利活動法人 岐阜県環境新工法研究会
HOME
岐阜県環境新工法研究会とは 研究会の歩み 研究会定款 活動事例 会員名簿 入会案内 事務局
HOME > 活動事例
活動事例

自然との調和を大切に近代技術を集結し、潤いのある生活環境を提供します。

自然配植技術者養成講座

平成13年5月より平成14年6月までの約1年間、高田研一先生を講師に迎え「自然配植技術者養成講座」を実施いたしました。野外講座を交え用に一度講座を開き、幅広い知識を習得する場となりました。

安房峠研修会を実施

建設省中部地方建設局高山国道工事事務所が実施した安房峠道路緑化は「自然配植緑化」への導火線となった現場です。高田研一先生が苦戦された現場を実際見ることでこれからの緑化のあり方を学ぶ機会となりました。また、この研修会には、岐阜県内の各役所の方々にも多数ご参加頂き、われわれの活動をご理解いただく場となりました。

みんなで緑を大作戦!!植栽指導員として参加

平成14年5月の岐皐市・各務原市にて発生した山林火災の跡地調査に県立森林文化アカデミーの柳沢先生らと参加させていただきました。
また、再生フロジェクト(主催:岐早県他)にも指導員として参加しボランティアの方たちに我々の緑化技術を理解して頂く場となりました。

高富トンネル抗口緑化工事

平成13年5月から平成14年6月まで学んだ、自然配植技術を生かして、山県市に新設されたトンネル抗口の緑化を実施いたしました。

自然配植技術協会との合同研修会を開催しました

山林火災跡地で自然配植技術を生かして試験植裁をしました

技術検討事例

・高富トンネル坑口自然配植緑化
・自然石活用魚道工
・間伐材利用による根団め工
・山林火災跡地植生調査、試験植裁
・山林植生調査及び種子採取
・実重植物の保護
・間伐材の用途開発
・産業廃棄物の利用、研究
  お問い合わせは、岐阜県環境新工法研究会会員各社までお願い致します。

会員各社の主な取り組み

 
木製防音壁
[篠田株式会社]
地球温暖化防止が叫ばれる今 国内産である、杉を使った木製防音壁を開発。 独逸のノウハウと日本の環境に合わせた仕様に 開発し、防音効果は、JHの基準値もクリアしている。


(写真は知多農林水産事務所発注、施工場所は常滑市)
プレキャスト魚道[岐阜県自然共生工法認定製品]
[昭和コンクリート工業株式会社]
特徴:本技術は平面的には直線部と半円形部を組み合わせた陸上競技場のトラック形状で、これを上方へ積み重ねた直立型のプレキャスト式魚道である。 
魚道の直線部は、階段式に1/10勾配の溯上部を確保し、半円形部は静水池と折り返し部を 形成できるようにした。
効果: 魚の良好な遡上環境の確保、魚道内の流況安定、魚道の設置面積の縮小化。
 
リサイクル土壌 CAOSS(カオス)
[昭和造園土木株式会社]

CAOSS(カオス)は焼成砂、互細砂/破砕品、炭化スラッジを使用用途に応じてブレンドしたリサイクル土壌です。
水質浄化、クレイ舗装、植生基盤材等に利用できます。
駐車頻度のそれほど高くない場所では、芝生のみで駐車場としての効果をもたせられます。
地球温暖化防止(ヒートアイランドの抑止)に役立ちます。

セダムによる壁面緑化〈着植工法)
[株式会社地建防災]
壁面上に生育基盤の固化培土を塗付け、セダムマットを張りつけます。
セダムは多肉植物で乾燥に強く、維持管理に手間がかかりません。
秋から冬にかけて紅葉しますが 春は緑色を増し、初夏には黄色い小花が一面に咲きます。
従来の壁面緑化とは異なった新しい工法です。
無機質な壁面が暖かみのある姿に変身します。
 
アースワーム号による浚渫工法
[株式会社ニシノ]
真空吸引圧送船アースワーム号により、湖、河川、漁港などの底泥を吸引圧送浚渫します。
真空吸引圧送システムにより高濃度浚渫が可能であり、水質汚濁が極めて少ない浚渫工法です。
システムの全てを分割してトラック輸送するので、狭い所での浚渫も可能です。
自然景観との調和を図る
   岩接着落石予防工事 DKボンド工事
[馬瀬建設株式会社]
特徴
・自然石群を、そのままの状態で接着できる。
・点在した転石、高所の巨岩に特に有効。
・落石防護ネット等、他の工法と併用が容易。
・工事施工による立木の伐採がほとんど無し。
・簡易な仮設工で施工可能。
 
ハイブリッド・エコポンプ
[株式会社山辰組]
始動時には1分程度100Vの電気を使用し、以後はサイフォン作用による自然エネルギーにより稼動し続ける水中ポンプです。
「燃料」を使用しないため、大切な地球資源の消費節約になり、燃焼に伴うCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスの発生を殆んど無くす事に成功した装置、及びそれを使用した工法です。地球環境の保全に貢献します。